読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国連広報センター ブログ

国連のさまざまな活動を紹介します。 

2016年冬季インターンを終えて

今年の9月から約3ヵ月間、国連広報センターで働いたインターン2名が12月末に卒業しました。今回はその二人にUNICでのインターン経験を振り返ってもらいます。 左からインターン卒業生の位下昌平と李ソミン 位下 昌平 日本人インターンとして3ヶ月間UNICで働…

2016年夏季インターンを終えて

本日をもって、国連広報センターの2016年夏季インターン5人がインターンシップを終了します。今回は、6月から3ヶ月にわたったインターン生活の振り返りを、Q&A形式でお届けします。 UNIC Tokyo’s summer 2016 interns finish their internship session to…

2016 Spring Interns

今年3月末から国連広報センターで働いた5人のインターンが6月末に卒業しました。 UNICでの体験を振り返った5つのストーリーをお読みください。 【宮内栄 / Ei Miyauchi】 こんにちは!2016年春インターンの宮内栄です。現在国際基督教大学4年で、卒論執筆の…

2015年春季インターンを終えて

今年の3月末から国連広報センターで働いた3名のインターンが6月末に卒業しました。 UNICでの体験を振り返り、今後の抱負を語ってもらいました。 インターンとして参加したイベント 国連70周年記念講義 @ 明治大学 (3月27日) 国連Weeks @ 上智大学…

「異文化理解とメディア」

国連広報センターインターンの仲本真理子・大和愛采・飯干ノアです。 NHK日本賞と国連アカデミック・インパクトのメンバー大学である上智大学が主催する、国連広報センター後援の特別シンポジウム「異文化理解とメディア」が6月19日に開催されました。本シン…

「21世紀の国連‐創設70周年を振り返り、未来を構想する」

国連広報センターインターンの飯干ノアと江川温子です。 国連アカデミック・インパクト(UNAI)のメンバー大学である上智大学が主催する国連Weeksの初日、6月8日にアンゲラ・ケイン国連軍縮担当上級代表を迎えて、特別シンポジウム「21世紀の国連‐創設70周年…

あなたにとって国連とは:ひとりの日本人女性として考える過去、現在、未来について

国連広報センターインターンの仲本真理子です。 4月20日、国連創設70周年記念「いま、日本から国連を考える」セミナー・シリーズの第2回目が、明治大学で開催されました。今回のテーマは、「Your United Nations: past, present, and future from a Japanese…

国連のこれまでとこれから  ~日本の抱負を活かした外交を探る~

国連広報センターインターンの江川温子と相沢育哉です。3月27日、国連広報センターは明石康 元国連事務次長をお迎えして国連創設70周年記念「いま、日本から国連を考える」セミナー・シリーズ(全6回)のキックオフ・シンポジウムを、明治大学で開催しました…

「団結」して支える ~国連防災世界会議に国連事務総長が参加、その舞台裏でのインターンの働き (その2)~

訪日期間中、防災会議への出席から要人との会合、国連大学でのシンポジウムなど、一瞬の隙もない事務総長のスケジュール。その多忙なスケジュールを支えているのは、仙台に赴いて事務総長の訪日を支えたインターンだけではありません。 今回は、事務総長の訪…

「現場」を見て、感じる、動く ~国連防災世界会議に国連事務総長が参加、その舞台裏でのインターンの働き (その1)~

日本で開催された国際会議の中で、史上最大規模となった第3回国連防災世界会議。 この会議のために、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が訪日しました。 国連広報センターでは、本会議を現場でサポートする仙台オフィスと、その現場を支える東京オフィスの…

被災後の生活を「美しく」 ―潘基文国連事務総長夫人と建築家坂茂さんの懇談会に出席してー

災害の多い日本では、災害の影響をどのように減少させるか、そして災害の後、どのように復興を進めるかが大きな問題となっています。この問題に建築の面から取り組んでおられる建築家の坂茂(ばん・しげる)さん。国連防災世界会議開催中、潘基文国連事務総…

ビジネスの世界から離れて:UNICでの経験より得たこと

今年7月から3ヶ月間、この国連広報センターでインターンを行いました中林明子です。 私は大学を卒業し民間企業に務めた後、通訳・翻訳学を学ぶためオーストラリアの大学院へ留学。卒業後、ビジネスの世界へ戻る前に企業では経験できない体験をしたいと思い、…

国連広報センターでインターンとしての夏休み

My Summer as an Intern at UNIC Tokyo 6月から2ヵ月半、国連広報センター(UNIC)でインターンシップをしていた、デンマーク出身のラスムス・フットロップさんが、インターンの経験について以下のブログを書いてくれました。「国連広報センターでインターン…

UNICで経験したこと

こんにちは、8月末までインターンをしていたワン・グレースです。大学で勉強を再開した今、国連広報センターで過ごした3カ月間を懐かしく思います。 私はトロント大学で国際関係を専攻しており、国連機関で働くことに強い興味を持ったので、インターンシップ…

「出会い」にあふれた4ヶ月:私のUNICインターン経験

こんにちは!この度、UNICでの4ヶ月間のインターンシップを終了しました内藤春香です。将来国際機関で働くことを目標とする私は、「国連で働くとはどういうことなのか、実際に経験してみたい」という思いで、このインターンシップに応募しました。結果的に、…

紅茶と皮肉、そしてちょっと風変わりな大阪弁

4月から3ヶ月間インターンを務めた今川匠です。梅雨の季節、懐かしきイギリスの雨を思い出させてくれる東京をインターンとして楽しみました。大変興味深い、貴重な経験をしたと認識しています。 3ヶ月間お世話になったUNIC職員、インターン仲間と(後列中央…

「毎日が新しい発見と学びの連続」

こんにちは、鉢呂健太です。今年3月に京都大学法学部を卒業した私は、8月からエディンバラ大学大学院修士課程(国際社会学専攻)への進学が決まっています。そしてその間の4か月、国連広報センター(UNIC)でインターンとしてお世話になりました。 インター…

私の国連体験記:UNICインターンとしての6ヶ月

My United Nations Experience: Six months as an intern at UNIC Tokyo 今年の1月から6月まで国連広報センター(UNIC)でインターンシップをしたドイツ出身のエミリー・クルーガーさんが、UNICでの体験を以下のようにシェアしてくれました。国連開発と平和…

「地球市民」としての学びにつながる国連インターン経験

インターンの齋藤実央です。2014年の3月末に4年間勤めた日本赤十字社を退職し、7月からイギリスの大学院に留学するため、それまでの期間(4~6月の3ヶ月間)に国連広報センター(UNIC)でお世話になりました。 私がここでインターンをした目的は、主に3つあ…

学びに満ちたUNICインターン

こんにちは。お茶の水女子大学3年の佐野早希です。 今年4月4日の「開発と平和のためのスポーツの国際デー記念イベント」をもって、3ヶ月間のインターンシップを修了ました。私は前年度1年間休学し、8ヶ月間のオーストラリアへの語学留学後、1月から国連広報…

広報の多様な業務を経験できた3カ月

インターンの米山亜里沙です。多くの人に支えられて実現した国連広報センターでのインターンは、あっという間でした。 以前から国際貢献に興味があり、学生団体やNGO、NPOなどに関わりながら、どういった側面から貢献できるかを模索してきました。オーストラ…

「毎日が勉強の3ヶ月間」

インターンの中村侑里香です。12月2日から始まった、国連広報センターでのインターンが終了します。私は大学生ですが、今年度は1年間休学し、カナダに留学しました。そして帰国後すぐに、こちらでインターンとして受け入れていただいています。 国連広報セン…

インターンシップを通して得たもの

こんにちは!インターンのカミラ・ギュルブレッケンです。ノルウェーから来ました。 国連広報センターでのインターンシップは、本当に素晴らしい経験でした。幅広い種類の仕事を経験することができ、短期間でとても多くのことを学ぶことができるのです。仕事…

国連広報センターのグローバル・チーム

国際関係への関心から、国連広報センターの活動をインターンとして支えようという意欲あふれる若者たちが、このオフィスには常時5名ほど働いています。事務所の中央の一番目立つ場所に、インターンが固まって座っている「しま」があり、若者のエネルギーを…

インターンシップの醍醐味

明けましておめでとうございます。インターンのウー・ジョイキンです。 私はニュージーランドで生まれ育ち、香港で教育を受け、そしていま日本の大学院に通っています。母国語は中国語ですが、英語と日本語もできます。国際協力に興味があって、国連広報セン…

国連の仕事を垣間見て

インターンの山田朋枝です。 私のインターンは、第68回国連総会の開幕である2013年9月17日にスタートしました。毎朝、国連に関する新聞記事のクリッピングをしながら、この国連組織内に自分がインターンとして存在しているのを夢のように感じたことを今でも…

インターンを終えて

インターンの橋本ひかりです。 私は2013年10月から約3ヶ月間、国連広報センターでインターンとして勤務しました。 さまざまな業務に関わりましたが、中でもとても印象深かったのが「人権デー2013」の特集です。この企画において、私はインタビューに同行し、…