国連広報センター ブログ

国連のさまざまな活動を紹介します。 

TICAD7リレーエッセー “国連・アフリカ・日本をつなぐ情熱” (24)

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が2019年8月28-30日、横浜市で開催されます。日本では6年ぶりとなるTICADに向けて、国連広報センターはアフリカを任地に、あるいはアフリカと深く結びついた活動に日々携わっている日本人国連職員らに呼びかけ、リレーエッセーをお届けしていきます。

 

取り上げる国も活動の分野も様々で、シリーズがアフリカの多様性、そして幅広い国連の活動を知るきっかけになることを願っています。第24回は、国連ハビタット スーダン事務所に勤務する横田雅幸さんです。

 

第24回 国連ハビタット

横田雅幸さん


〜不安定な情勢のなかでスーダンの人々の声に耳を傾け、現在と未来を見据える〜

f:id:UNIC_Tokyo:20190710121523j:plain

国連ハビタットスーダン事務所(ハルツーム)にて© UN-Habitat

岐阜県出身。横浜国立大学工学研究科計画建設学 博士(工学)。英国王立都市計画協会・公認都市計画家、一級建築士。2000年から横浜国立大学、(株)首都圏総合計画研究所に勤務。2006年より国連ハビタットに勤務し、コソボクウェート(湾岸諸国担当)、リビアイラクサウジアラビア事務所を経て、現在、スーダン事務所所長。その他、ヨルダン、パレスチナ、エジプト、イエメン等を支援。震災復興アセスメントチーム(PDNA)のセクターリーダーとしてモルドバの水害、ケープベルデの火山噴火復興に関わる。

続きを読む

TICAD7リレーエッセー “国連・アフリカ・日本をつなぐ情熱” (23)

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が2019年8月28-30日、横浜市で開催されます。日本では6年ぶりとなるTICADに向けて、国連広報センターはアフリカを任地に、あるいはアフリカと深く結びついた活動に日々携わっている日本人国連職員らに呼びかけ、リレーエッセーをお届けしていきます。

 

取り上げる国も活動の分野も様々で、シリーズがアフリカの多様性、そして幅広い国連の活動を知るきっかけになることを願っています。第23回は、国連工業開発機関(UNIDO)に勤務する今津牧さんです。

 

第23回 国連工業開発機関(UNIDO)

今津 牧さん


~日本からアフリカへの投資促進と技術移転~

f:id:UNIC_Tokyo:20190625121941j:plain

ナイロビで開催されたTICAD VIでセネガル投資促進・大規模公共工事公社(APIX)の担当官と再会
(左から2番目が筆者)©UNIDO

東京都出身。大学で国際経済学を学び、民間企業勤務、留学を経て、2009年より国連工業開発機関(UNIDO)東京投資・技術移転促進事務所に勤務。サブサハラアフリカへの日本企業の投資促進・技術移転を担当する。2019年1月よりオーストリア、ウィーンにあるUNIDO本部のアフリカ部にて、TICAD7関連事業や「第3次アフリカ産業開発のための10年 (IDDA III)」の推進に携わる。

続きを読む

【G20 Osaka Summit】Illustrating the Secretary-General's Visit to Osaka Through Pictures and Twitter Updates

~Urging the global community to take charge and tackle climate change~

UN Secretary-General Antonio Guterres recently visited Japan to attend the G20 summit, which was held during a three-day period from 27 to 29 June 2019.

A press conference was held before the G20 convened, during which he expressed his wish to attend many of the sessions and side-events to be held throughout the summit (addressing issues such as climate change and women’s empowerment) and to hold talks with leaders of various countries during intervals in the summit.

Through pictures and SNS posts, we reflect on the Secretary-General’s visit.

 

f:id:UNIC_Tokyo:20190702164242j:plain

UN Secretary-General Antonio Guterres arrives at Itami Airport © G20

続きを読む

TICAD7リレーエッセー “国連・アフリカ・日本をつなぐ情熱” (22)

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が2019年8月28-30日、横浜市で開催されます。日本では6年ぶりとなるTICADに向けて、国連広報センターはアフリカを任地に、あるいはアフリカと深く結びついた活動に日々携わっている日本人国連職員らに呼びかけ、リレーエッセーをお届けしていきます。

 

取り上げる国も活動の分野も様々で、シリーズがアフリカの多様性、そして幅広い国連の活動を知るきっかけになることを願っています。第22回は、国連児童基金UNICEFシエラレオネ事務所で保健マネージャーを務める末廣有紀さんです。

 

第22回 国連児童基金UNICEF) 

末廣有紀さん


~地域保健の強化シエラレオネのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ達成に向けての取り組み~

 

f:id:UNIC_Tokyo:20190618110609j:plain

 

京都大学を卒業後、金融機関勤務を経て、ジョンズホプキンス大学公衆衛生大学院にて国際保健修士を取得。2018年1月にUNICEFシエラレオネ事務所保健マネージャーとして着任。それ以前は、UNICEFタジキスタン事務所保健・栄養セクション長、UNFPAバングラデシュ事務所副代表、NGOシエラレオネ事務所保健・栄養・HIV事業統括を歴任。また、UNICEFレソト事務所、UNICEF南スーダン事務所、UNFPAカンボジア事務所、世界銀行(米国)やNGO(ハイチ)にて保健関連業務を担当。 

 

続きを読む

TICAD7リレーエッセー “国連・アフリカ・日本をつなぐ情熱” (21)

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が2019年8月28-30日、横浜市で開催されます。日本では6年ぶりとなるTICADに向けて、国連広報センターはアフリカを任地に、あるいはアフリカと深く結びついた活動に日々携わっている日本人国連職員らに呼びかけ、リレーエッセーをお届けしていきます。

 

取り上げる国も活動の分野も様々で、シリーズがアフリカの多様性、そして幅広い国連の活動を知るきっかけになることを願っています。第21回は、国連訓練調査研究所ユニタール)で持続可能な繁栄局長を務める隈元美穂子さんです

 

第21回 国連訓練調査研究所(ユニタール)持続可能な繁栄局

隈元美穂子さん


広島から世界へ 南スーダンの将来を支える若手人材を育てるために〜

 

f:id:UNIC_Tokyo:20181108103207j:plain

九州電力勤務を経て、米国コロンビア大学にて開発経済で修士号を取得。2001年から国際連合開発計画(UNDP)に勤務。ベトナム事務所(2001年~2003年)を経て、ニューヨーク本部へ。アフリカ適応プログラムを含む様々な能力開発のプログラムに取り組む。サモア太平洋事務所での勤務の後、2012年よりインドネシア事務所にてシニアアドバイザーとして勤務。2014年より国連訓練調査研究所(ユニタール)広島事務所長を務め、2019年7月より現職。
続きを読む

TICAD7リレーエッセー “国連・アフリカ・日本をつなぐ情熱”(20)

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が2019年8月28-30日、横浜市で開催されます。日本では6年ぶりとなるTICADに向けて、国連広報センターはアフリカを任地に、あるいはアフリカと深く結びついた活動に日々携わっている日本人国連職員らに呼びかけ、リレーエッセーをお届けしていきます。

 

取り上げる国も活動の分野も様々で、シリーズがアフリカの多様性、そして幅広い国連の活動を知るきっかけになることを願っています。第20回は、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事所のチャールズ・ボリコ所長です。

 

第20回 国連食糧農業機関(FAO)

チャールズ・ボリコさん


~次世代の未来切りひらく 日本の人材育成支援~

f:id:UNIC_Tokyo:20190122141225j:plain

食料ロスを学ぶ小学5年生のクラスを訪れ、学習成果発表の感想を述べる筆者。
(2019年1月、横浜市の市立日枝小学校で)

1963年コンゴ民主共和国生まれ。キサンガニ大学で心理学(学士)と産業心理学修士号)を修める。88年からキンシャサの商科大学(Institut Supérieur de Commerce)で3年間教職に就いたのち、90年に来日。名古屋大学大学院国際開発研究科で国際開発論の博士号取得。同大で講師を務めた後、97年にFAOに入り、98年に米国・ニューヨークの連絡事務所、2003年から事務局官房付としてローマ本部で勤務。人事部雇用・配属担当チーフを経て、2013年8月から現職。FAOでの勤務の傍ら、キンシャサにあるカトリック大学で人事管理や行政、開発などを教える。

続きを読む

TICAD7リレーエッセー “国連・アフリカ・日本をつなぐ情熱” (19)

第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が2019年8月28-30日、横浜市で開催されます。日本では6年ぶりとなるTICADに向けて、国連広報センターはアフリカを任地に、あるいはアフリカと深く結びついた活動に日々携わっている日本人国連職員らに呼びかけ、リレーエッセーをお届けしていきます。

 

取り上げる国も活動の分野も様々で、シリーズがアフリカの多様性、そして幅広い国連の活動を知るきっかけになることを願っています。第19回は、国際労働機関(ILO)雇用政策局に勤務する塚本美都さんです。

 

第19回 国際労働機関(ILO) 

塚本美都さん


~インフラ投資を通じて、未来へつながる働きがいのある仕事を~

 

2019年2月、ジュネーブにて同僚とILO創立100周年を祝う。左から3人目が筆者

1994年にILOでの勤務を開始。脆弱性、人道的な暮らし、雇用政策、及びインフラ開発を連結させた形でのアフリカ、アジア、ラテン・アメリカ諸国における労働集約型投資を用いたコミュニティ・ベースの活動支援に12年間携わる。格差是正に向けた経済・社会・環境インパクトとディーセント・ワークの創出を重視しつつ、公共事業プログラムにおける複数の目的に対応するため、公的雇用プログラム(PEP)、社会的保護の土台(SPF)、気候変動適応策のシナジー強化に向けてチームを主導。ILOでの勤務以前は、世界銀行においてセクター別戦略研究に従事し、ビジネス・教育・貿易分野で企業の社会的責任(CSR)に関する政策提言に寄与。 

続きを読む